NPOエシカファーム・ドリームケア ふぃる

熱海市児童発達支援センター
熱海市児童発達支援センター
熱海市児童発達支援センター
熱海市児童発達支援センター
熱海市児童発達支援センター
熱海市児童発達支援センター
熱海市児童発達支援センター
熱海市児童発達支援センター
熱海市児童発達支援センター
トップページ > 施設紹介 > (幼児期)熱海市児童発達支援センター IPPO

(幼児期)熱海市児童発達支援センター IPPOATAMI CENTER

幼児期(2歳~5歳)障がい幼児療育(児童発達支援)(運営:NPO エシカファーム)

障がいやハンディを抱える未就学幼児のための療育施設です。
健常の子どもでも、障がいのある子どもでも、障がいの程度が重くても、軽くても、子どもたちは必ず伸びます。​できるだけ早い時期、柔らかい時期に、適切な療育を行うことは、子どもたちの将来において、大きな意味をもちます。
熱海市児童発達支援センター IPPOでは、その大切な幼児期に「生活スキル」「社会性」「自己肯定感」を伸ばすお手伝いをします。「楽しさ」を基本的な行動指針として、理解ある支援員が手厚くサポートし、自己肯定感を高めながら子どもの成長を支援します。​

特徴1 アセスメントから個別支援計画を組み立て、一人ひとりの個性を伸ばす

子どもたちには月齢・年齢ではかれない発達のバラつきがあります。

きちんとしたアセスメントを取ることにより、その子の発達を客観的に把握し、自立に向けた個別支援計画を組み立てます。
幼児期から構造化や視覚支援などの合理的な配慮ある支援によって「スモールステップ」を積み上げ、自己肯定感を伸ばします。

特徴2 個別から小集団まで、ステージに分かれた活動

弊団体が支援している子どもで一番多いのはASD(自閉症)のお子さんです。
ASDの特徴の一つに、社会性・コミュニケーションの偏りからくる「集団活動の苦手さ」があります。
大集団の中で無理にスキルや社会性を伸ばすのではなく、1:1の個別支援から小集団でのプログラムまで、その子に合った対人ステージでの活動を行うようにしています。

特徴3 親子ともにフォロー

定期的に「参観会」を行い、園での子どもの様子から必要なサポートを学び、家庭に活かせるようにしています。
先輩保護者の方を招いての「おしゃべり会」で、気軽に相談し合える場も提供しています。

カリキュラム

熱海市児童発達支援センター IPPOの詳細

熱海市児童発達支援センター IPPOのブログはコチラから
制度 児童発達支援事業・保育所等訪問・相談支援事業・日中一時支援
対象 熱海市内に在中で、発達に気がかりのある未就学児
定員 20名/日
時間 平日8:30~17:00
休園 土日祝日/年末年始/施設休業日
料金 国が定めた金額(原則1割負担)
送迎 近隣市町への送迎可能
所在地 〒413-0101 熱海市上多賀730-2
TEL ☎0557-48-6188
FAX 0557-48-6189
E-mail ippo-ajiro@chic.ocn.ne.jp

ACCESSアクセス

熱海市児童発達支援センター IPPO 所在地について